Notifications
bg
tamtam
Community Evangelist - Marketer
Tokyo, Japan
37
Likes
89
Followers
25
Connections
All
Articles13
Games0
Showcases0
Column13
Jobs0
Unity 2019.1がリリースされました!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000016287.html

さて、このバージョンからライトウェイトレンダーパイプライン(LWRP)とShader Graphはプレビューが外れました。すでにディズニーやCall of DutyのモバイルゲームでLWRPが採用されているなど、商用でも利用できるレベルになっているので、どなたでも利用することを推奨できるようになりました。
https://youtu.be/O9tzW5cXelE?t=412
https://www.youtube.com/watch?v=bYfs2RJ1TPk
ただし、レンダリングのパイプラインが従来のものと全く違うので、いままで使っていたシェーダーがそのままでは使えません。また、従来のレンダリングパイプラインとLWRPは併用できません。
初心者の方がUnityを勉強するのであれば、LWRPを使わずに勉強しても問題はないと思います。慣れてからLWRP上で制作するでも大丈夫です。

また、Unity 2018系は今後数週間内に、LTS版という長期サポート版が登場します。今、Unity 2017.4がLTSになっているのと同じ状況になります。LTS版は新機能実装などはないものの、バグ修正をリリース後2年間行うバージョンになります。なので、Unity 2017.4はあと1年間のサポート・・・ということになります。(それ以降使えなくなる・・・というわけではありません)

ということで、Unity 2019.1リリースに際し、初心者の方にぜひ知っておいてほしいこと。

・LWRPのプレビューが外れたとはいえ、まだ従来のレンダリングパイプラインも使えるので、最初学ぶのであれば従来のままでも大丈夫
・Unity 2018系のLTSも数週間内にリリースされるので、安定した環境で制作し続けたい場合はLTS版を使うことをオススメ

分からないことがあればぜひコメントで。

prtimes.jp
Unity最新バージョン「Unity 2019.1」をリリース
さて今年もUnite Tokyoのチケットが発売となりました。早割は6月30日までなので、お買い求めはお早めに。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000098.000016287.html

prtimes.jp
Unity国内最大のカンファレンス『Unite Tokyo 2019』チケット販売スタート
tamtam
updated the article
Apr 11, 2019
【Unity Playground】RPGマップ上のカメラ追従を誰でも簡単に実現できる、Camera FollowコンポーネントのUse Boundsの上手な使い方
【Unity Playground】RPGマップ上のカメラ追従を誰でも簡単に実現できる、Camera FollowコンポーネントのUse Boundsの上手な使い方
Unity Playgroundのコンポーネントの中に、特定のターゲットをカメラで追跡する「Camera Follow」というものがあります。その中に「Use Bounds」というパラメータがあります。これをうまく使うと、RPGでよく見かけるマップ上のカメラ追従を実現することができます。この記事はUse Boundsのパラメータの使い方や気を付けるべき点を紹介します。
久々にUnity Playgroundネタを書きました。
https://connect.unity.com/p/unityplayground-use-bounds-of-camera-follow-component

connect.unity.com
【Unity Playground】RPGマップ上のカメラ追従を誰でも簡単に実現できる、Camera FollowコンポーネントのUse Boundsの上手な使い方 - Unity Connect
tamtam
published the article
Apr 11, 2019
【Unity Playground】RPGマップ上のカメラ追従を誰でも簡単に実現できる、Camera FollowコンポーネントのUse Boundsの上手な使い方
【Unity Playground】RPGマップ上のカメラ追従を誰でも簡単に実現できる、Camera FollowコンポーネントのUse Boundsの上手な使い方
Unity Playgroundのコンポーネントの中に、特定のターゲットをカメラで追跡する「Camera Follow」というものがあります。その中に「Use Bounds」というパラメータがあります。これをうまく使うと、RPGでよく見かけるマップ上のカメラ追従を実現することができます。この記事はUse Boundsのパラメータの使い方や気を付けるべき点を紹介します。
Unity 2019.1もそろそろβ期間が終わりそうです。
今朝「Unity 2019.1.0f1」というバージョンがリリースされました。まだこれはβ版の位置づけですが、いわゆる正式リリースの候補バージョン、英語では「release candidate」(RC版)に相当するものです。よほど大きなバグが出てこない限り、リリースも間近ではないかと思われます。
https://unity3d.com/jp/unity/beta/2019.1

unity3d.com
Unity 2019.1b - Unity
About Me
Community Evangelist at Unity Technologies Japan. UnityでPRのお仕事をやってます。仕事経験的にはネット関係、特にゲームメディア・モバイル・ライ...
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
Community Evangelist
See more
Certifications (1)
Import
Unity Certified Developer
Jul 2018
See all
tamtam's liked projects (41)
Following (112)
Followers (89)